メンタルヘルス.jpg

メンタルヘルス カウンセリング

病院にかかる、薬を飲む前に、まずは専門家に相談してみませんか?

社員が心を開いて話せるメンタルヘルス カウンセラー をおすすめします

昨今、著名人やアスリートがメンタルの悩みをSNSで打ち明けるなど、心の悩みを外へ発信する人が増えています。もはや心の悩みを抱えることは特別ではなく、誰にも起こりうる、ごく当たり前の日常になっています。

一方でひとりで抱え込み、誰にも相談できず、会社など組織の中で孤立したり、ときには辞めてしまう人もいます。

大切な人材を失うことは会社にとっても大きな損失となります。社員が心を開いて話せるメンタルヘルスカウンセラーを貴社に登用し、社員の心の健康を守りましょう。

心の悩みだけでなく、仕事への向き合い方もアドバイスします

企業様からのご相談だけでなく、悩んでいる個人の方もご相談ください

職場において心の悩みの原因となっているのは、仕事上の問題や人間関係であることが多いようです。

そこで具体的な問題を引き出し、仕事への向き合い方や人間関係の対処法など解決につながる適切なアドバイスを行います。

具体的な行動を変えていくことで、心の悩みの解消にもつながっていきます。

高田先生.jpg

メンタルヘルスカウンセラー  

髙田 尚恵

Hisae Takada

■ カウンセリングスタイル

  • 20~50代の成人を対象とし、統合カウンセリングアプローチにより、個々のケースを柔軟に対応。

  • セオリーやテクニックに偏りすぎず、カウンセリング効果の最重要要素とされる治療上の信頼関係構築に重点を置いている。

  • 会話を中心としたカウンセリングを主とし、診断とクライアントの性質によりアートセラピーを用いて、言語化をサポートする方法や、言語化または論理的思考を促進するためボディスキャンやマインドフルネス等リラックス法を用いる。

  • 精神疾患による症状緩和・改善はもちろん、予防の観点から、クライアント本人の問題対処能力を引き出し、自己管理・自立を促すことを目指したカウンセリングサービスを提供。

■ 資格

  • 公認心理師

  • National Certified Counselor(米国認定メンタルヘルスカウンセラー)

  • Certified Clinical Trauma Professional(臨床トラウマプロフェッショナル)

  • 姿勢調整師

■ 略歴 

  • 米国ニューヨー ク州立大学プラッツバーグ校大学院カウンセラー教育学部メンタルヘルスカウンセリング学科にて修士号取得。

  • 大学内ヘルスセンターにてメンタルヘルスカウンセラーとして勤務し、クライアントの精神症状をDSMに基づいて診断(法律上米国のみ)および見立てを行い、個別/グループカウンセリング、カッ プルカウンセリング、心理教育、警察との連携による自殺・他殺リスクアセスメント、危機管理・介入等を提供。

  • 帰国後、メンタルヘルス不調による休職・離職者の社会復帰を支援。

  • 企業の人事・産業医・上司と休職者本人の面談に同席し、休職者の復帰に向け情報提供と復帰後のサポートにおいて助言。

  • 経営者(元)として、愛知中小企業同友会に参加し、経営者に対しメンタルヘルス教育を提供。在日外国人労働者への英語による個別カウンセリング、国内企業を対象にアサーション研修、対人関係研修を実施。

PAGE TOP