社員の成長や業績向上、会社成長に導くためのツールとして活かせる

設計から活用方法まで網羅した人事評価制度をご提案いたします

貴社では人事評価制度をどのように活用していますか?

「人事評価制度がうまく活用されていない」「形だけのものになっていて、事務負担だけがのしかかっている」という声をよく聞きます。

実際、人事評価制度の運用には毎年多大な工数がかかり、その大部分は現場の負荷となります。

制度運用によって得られる効果よりも負荷の方が高ければ、制度は必ず形骸化してしまいます。

M・Tコンサルティングでは、人事制度を単なる内部管理ツール・手続きツールではなく、社員の成長や業績向上、会社成長に導くためのツールとしての設計や活用方法をご提案いたします。

⬛︎ 以下のチェックリストに当てはまるようなら、見直し、改善が必要です ⬛︎

⬜︎ 人事評価制度の目的や効果が社員に理解されていない

⬜︎ 人事評価の時期になると現場に面倒な空気が流れる

⬜︎ 個人目標を自由に設定させていて、会社目標・部門目標と連動していない

⬜︎ 上司と部下のコミュニケーションツールとして活用できていない

⬜︎ 査定はするが、社員育成には使われていない

⬜︎ 人事評価の結果が本人に分からない

⬜︎ 目先の評価結果に終始し、社員の成長イメージやキャリアイメージが湧いていない

⬜︎ 会社全体の業績向上・成長につながっていない

人事制度の真の目的とは?

人事制度運用の負荷」<「人事制度運用で得られる効果」であるために

経営レベルのサイクルを実現する必要があります

①人事評価制度によって、社員に求めるものを明確にする

社員に求めるものができるようになるように、社員が成長する

社員に求めるものを実行・達成することで業績が向上し、会社が成長する

社員の成長や業績向上、会社成長にリンクし、会社の成長というゴールとつながる

人事評価制度の【制度内容】と【運用】を今一度一緒に考えてみませんか?

​人事評価制度担当  宮川 淳哉

PAGE TOP

Copyright © 2020  M・T Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.