貴社に教育担当の社員が一人増えたと思って下さい

これから日本は加速度的に人口減の時代を迎えます。

近年、人材不足は全ての業界において、経営基盤を揺るがすほどの大きな課題となっています。

しかし、それ以上に問題となるのは、現場の人材不足だけでなく、現場の人を育てる、活躍させる人材確保が難しいということです。

 

このような人材不足の現状で、疲弊しきっているスタッフや、多忙な管理職者が何度も「よし!頑張ろう」と、自らを奮い立たせ、気持ちを入れ替えても、自分ひとりでモチベーションを維持することには限界が来ます。

また、組織の中に頼れる人もいなければ、指導してくれる人もいない。そうなると、組織内に負のスパイラルが発生し、それぞれの本来の業務役割を果たせないだけでなく、会社全体の生産性も大きく低下していくことに繋がってしまいます。

 

ですが、管理する・教育する側の人材教育には多くの時間を要します。

現在、管理職を務めている30〜50代の方は、人を教えていく、育てていくという教育を充分に受けていない方が多く、その方々が正しい教育を習得し提供できるまでにどれくらいの時間を必要とし、どれくらいの部下が辞めていくことになるのでしょうか。

人は財(たから)です。

貴重な人材を失う前に、貴社の未来とスタッフの成長を確実なものとするために、ぜひ弊社を教育担当としてご指名ください。

いまや会社の存続と成長には、人材育成が必要不可欠です

組織が大きくなるにつれ、部署ごとに成果を出せるリーダーの育成が求められますが、任命さえすればリーダーになれるのでしょうか。 立場だけでは人は育ちません。現場教育だけでは育てきれない、指導や育成スキル、ビジネススキル、ヒューマンスキルを盛り込んだ一定期間のキャリア教育を階層ごとにおすすめいたします。

 

とはいえ、会社側から突然『教育やるぞ!研修やるぞ!育成マニュアル作って!』と言われても、形だけ、一般論的な教育では成果にはつながりません。

弊社では、自社に合った「教育体系の構築や研修提案等」が可能です。

「教育体系の構築」とは、すなわち『人が成長するための制度(仕組み)作り』です。『出来る』まで導く教育と訓練、そして成長するための仕組み作りとの両立こそが、弊社の最大の特徴です。

PAGE TOP

Copyright © 2020  M・T Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.